大阪府大東市で司法書士に相談 債務整理 労働問題 大阪 京都 奈良 兵庫 神戸 関西対応

手続きの流れ

成年後見担い手と目的手続きの流れ

手続きの流れ

①ご相談を受け、後見等なにが適切か検討します。

②必要書類の収集

医師の診断書
本人の財産関係などの書類の収集
戸籍など公的書類の収集(委任して頂ければこちらでお取りできます)

③申立書の作成、提出
財産の状況、本人の日常のお金の使途などの目処や今後の方針など。
(大体はご相談時に伺います。)

④家庭裁判所での面談
調査官などと話をして、今後の流れを確認し、必要な追加の指示があります。
申立人、本人、後見人等の候補者、そして私とで行くことになります。
なお、ご本人の様子が難しいなら、ご本人は行かなくても構いません。

⑤医師の鑑定
5万円から10万円。基本的には5万円でお願いしています。

⑥審判
家庭裁判所から選任審判が下されます。
必要に応じて、監督人がつくこともあります。

⑦財産目録の調製
基本的に審判確定から1ヶ月で作成しないといけません。ですので、申立て段階で極力整理しておいた方がよいです。

⑧一年から半年に一回、家庭裁判所に状況報告をし、本人になにか必要なことがあれば、適宜裁判所の指示を仰ぐことになるでしょう。

福祉と

成年後見が必要の多くの場合、福祉の力がきっと必要なはずです。
一人で悩まないで下さい。
介護のことでお互いが悩んでいるかもしれません。
地域には地域包括支援センターや社会福祉協議会というものが必ずあります。
悩んだら、相談してみてくださいね。
決して一人で抱え込まないで下さい!




大阪の司法書士 鈴木啓太 
アクセス お問い合せ
JR学研都市線住道駅(大阪府大東市)から徒歩3分

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional